ネイルだけでなく、個展なども含めて作品を発表していきたい
ハリウッドセレブを魅了しているネイルアーティスト・Britney TOKYO(ブリトニートーキョー)さん

2020/03/24 Nail art
Instagramをキッカケに依頼が殺到し、世界一予約が取りづらいネイルアーティストとして、
ロサンゼルスを拠点に活躍されているBritney TOKYOさん
ハリウッドを拠点に活動しているネイルアーティストのBritney TOKYOさん。独創的な作品は、アリアナ・グランデ、ケイティ・ペリーなど、各界の著名人を魅了しています。世界一予約が取りづらいと言われているBritney TOKYOさんに、アメリカに渡ったキッカケや、日本とアメリカのネイルの違い、作品へのこだわりなどについて、インタビューさせていただきました。

語学留学からアメリカでのネイルアーティスト活動をスタート

――ネイルアーティストを目指したキッカケを教えてください。

ブリトニー もともとネイルアーティストになりたかったわけではなくて、学校を卒業した後はショップ定員をしていました。ただ、立ち仕事だったので足を痛めてしまって…。それで座ってできて、なおかつ髪の毛を染めたりしてもできる仕事を考えたときに、消去法でたどり着いたのがネイルだったんですよ(笑)。


――日本でネイルアーティストをしていて、なぜ活動の場をアメリカに移そうと思われたのですか?

ブリトニー 私が日本でネイルをしていたのは今から15年ぐらい前ですが、当時はピンクのグラデーションとかお花とか、可愛らしい感じのデザインが主流だったんですね。でも、これは私じゃなくてもできるので、ネイルはちょっと違うかなと思って一度離れたんです。

それで普通に語学留学しようと思ってアメリカに行ったんです。最初は、普通に学生をしていたのですが、せっかくネイルの仕事をしていたのだからネイルの資格を取って日本に帰ろうと思ったんです。その後、もう少しアメリカに居たいなと思うようになったときに、ネイルだったらビザが取れると思ったので、流れでネイルアーティストになりました(笑)。


Instagramがキッカケでセレブからの依頼が増えた

――ネイルアーティストとして活動するようになった当時は、どのようにしてPRしていったのですか?

ブリトニー SNSですね。SNSがなかったら、今の私は絶対にいなかったですし、こんなに長くアメリカで仕事ができていなかったと思います。最近は紹介もありますが、最初の頃は、Instagramをセレブの方がフォローしてくれてDMで連絡がきました。


――Instagramにネイルの写真を載せている人はたくさんいると思いますが、その中でブリトニーさんの写真がセレブの方たちの心を惹き付けた要因は何だと思いますか?

ブリトニー 他の人がやっていなかった素材とかを使って新しかったのが目を惹いたのかもしれませんね。反射板みたいな素材を使って、暗闇で光るネイルを作ったり、今までネイルではしなかったことをいろいろ試していたので、インスタを見た人が気になって連絡をくれるのかもしれません。


――今ではInstagramのフォロワーも20万人を超えていますが、その頃と今ではSNSの活用方法は変りましたか?

ブリトニー アメリカで活動してすぐにインスタを始めたのですが、最初は仕事がなかったこともあり、広告っぽいものをたくさん載せていました。当時は、アメリカ人の方と二人でツアーみたいに回っていて、インスタに「ここに行きます」とか載せて、集客の広告とかに使っていました。でも今は、私がやりたいことをやって気に入ったデザインのネイルだけ載せています。


――SNSを通して、日本のネイリストの方やネイルに興味のある方から質問や相談なども来ますか?

ブリトニー 仕事やネイルに対する悩み、私が使っている道具のことなど、いろいろあります。多いときは、一日100件以上来ますね。日本の方で多い質問は、どうしてアメリカに行ったんですかとか、どうやってビザを取ったんですかとかですね。もし、私と同じようにアメリカに行きたいと思っているなら、まずチャレンジすることが大事だと思います。


日本とアメリカでのネイルに対する意識の違い

――日本のネイリストとブリトニーさんのネイルアーティストとはどのような点が違うのでしょうか?

ブリトニー 日本のことはよく分かりませんが、アメリカではネイリストはマニキュアリストと言いますが、簡単な一色塗りをする人やサロンで働いている人みたいなことです。ネイルアーティストは、作品を作るという感じですね。マニキュアリストはお客様がやりたいといって持ってきたものをやってあげますが、ネイルアーティストはオリジナリティーの作品を作る感じです。


ネイルエキスポでネイルアートを施術するBritney TOKYOさん


――そうすると技術はもちろんですが、作品を作るアイデアもすごく重要ですよね。ブリトニーさんの中で、いろいろなアイデアが次々と浮かんでくるのですか?

ブリトニー はい。常に頭の中に表現したいアイデアのストックがたくさんあります。どこか出かけた時に目に入った建造物だったり、ショッピング中に見かけた服の配色だったり、インスピレーションは町中に溢れていて、それをネイルに落とし込んだらこんなデザインが出来上がるだろうなっていう。私のお客様はお任せの方が多いのですが、この人にはこんなテイストが好きだからとか、頭の中で組み合わせて、それを形にしていきます。


――アメリカと日本ではネイルや美に対しての意識の違いはありますか?

ブリトニー 違いますね。日本では、美容やエステ感覚でサロンに行く方が多いと思います。しかしアメリカでは、自分で爪を塗る人は少なく、子供の頃からエチケットとしてネイルサロンに行くことが習慣になっているんですよ。ですから、80歳のおばあちゃんとかも、毎週ネイルポリッシュを塗りに来ますよ。癒しを求めに行くよりは、身だしなみを整える感覚でネイルサロンに行く方が多いですね。

あとは、アメリカでは、ここ2、3年は特にアートとして捉える方が多くて、美術館でアートネイルをやったりもしますし、アート展とかでネイルをすることが結構あります。私が作っている3Dのネイルもアートの一部として受け入れられています。


――身だしなみという部分では男性もネイルをされる方が多いのですか?

ブリトニー 最近はすごく多いですよ。身だしなみもそうですが、シェフの方もケアで来たりします。インタビューでも男性のネイルについて聞かれることが多いのですが、2020年のネイルの一番のトレンドはメンズネイルアートだと思います。


――アメリカには、いろんな国の方がいますが、人種あるいは地域によって好みの違いはありますか?

ブリトニー 違いますね。私はロサンゼルスにいますが、ニューヨークやマイアミなど東海岸にも良く行きます。そうすると、LAとは違います。シカゴはまた違いますし、ハワイも違うので、場所によって好みは違いますね。分かりやすく言うと、NYは東京っぽくてコンサバティブ、LAは大阪っぽくて派手かな(笑)。


――ブリトニーさんの中で、自分の作品や仕事に対するこだわりはありますか?

ブリトニー 一番意識しているのは時間ですね。特にセレブの方は時間がないので。日本でネイルをするときは、ネイルサロンなどでお客様と対面式で行いますが、私の場合サロンを持たない出張スタイル(ハウスコール)だったり、撮影現場での仕事がほとんどなので安定した施術スタイルがありません。テーブルや椅子がなかったり、その都度状況に合わせて対応しなくてはいけません。どんな状況下でも臨機応変に対応するのは勿論、忙しいクライアントのため早くやることは意識しています。撮影時間に間に合わないで、片手しかネイル出来なかったなんて事になるのが1番問題になってしまうので。


――だいたい一回のネイルでどのくらいの時間をかけているのですか?

ブリトニー 一色だったら30分ぐらいで、アート込みでも長くても90分ぐらいですね。こういう色がいいとか、こういうドレスを着るからとか、話をしながら浮かんだアイデアと組み合わせて作品を作っていきます。


――ブリトニーさんはネイルシートなどをプロデュースされていますが、今後ご自身のブランドを立ち上げることは考えていますか?

ブリトニー やりたいですね。今はネイルステッカー、ネイルブラシ、アートジェルラインなどをプロデュースしていますが、すべていろいろな企業とコラボして作っているんですね。というのも、すべてを自分で管理するのが現状は難しいので。でも、いつかは自分の会社でブランドを作れたらいいなと思っています。


やりたいと思ったら、まずは行動に移すことが大事

――これから、ブリトニーさんのようなネイルアーティストを目指そうと思っている人や、今日本でネイリストとして頑張っている人へメッセージをお願いします。

ブリトニー あまり頭でっかちに考えないでほしいですね。どうしようって不安に思って躊躇してしまう人が多いと思うんですけど、私が最初に来たときは住む家も決まっていなくて、1カ月ぐらいはモーテルに住んでいました。勿論仕事も決まってない状況です。「ダメだったら日本に帰ればいいや」というぐらいの気持ちでやったらいいと思います。これはアメリカに行くということに限らず、日本でやっていても同じです。やりたいと思ったら、すぐに行動してみたらいいと思います。今こんな事をしたい!こんな物を作りたい!って思った事を、明日に後回しにしてしまったら、きっと誰かがあなたの代わりに今日やるんじゃないかな。インターネットが普及しているこの時代、時間の過ぎるスピードがどんどん早くなっているのを感じます。明日じゃ遅すぎるんです。


――最後に、今後の目標をお願いします。

ブリトニー 今はネイルで作品を作っていますが、絵とかも少しずつやっているんです。ネイルはキャンパスが小さいので、良いネイル用品を使って大きい絵を描いたり、3D作品を作ったりして、ネイルの個展を毎年、NYやLAでやっています。それを今後は東京やヨーロッパなど世界中でやっていきたいですし、ネイルだけでなく、自分がやりたいと思ったことはどんどんチャレンジしていきたいと思っています。


ネイルアーティスト
Britney TOKYOさん

ハリウッドを拠点に活動。コマーシャル、ハリウッド映画、セレブリティーのMVでネイルを担当するほか、ニューヨークファッションウィークリードネイルアーティスト、ネイルを題材にした個展、全米ネイルツアーなどネイルの枠を超えファッション、アート界へも影響を与える世界が注目する新鋭アーティスト。顧客にはアリアナ・グランデ、キム・カーダシアン、カイリー・ジェンナー、ケイティ・ペリー、リタ・オラ他、各界の著名人からの指名が絶えず、世界で1番予約が取りづらいセレブリティーネイルアーティストと言われている。自身がプロデュースするネイルステッカー、アートジェルラインTOKYO SPICE(TOKYO SWAG)はアメリカ、カナダ、台湾、日本、他各国で販売されている。

ビノタネについて詳しく知りたい方

お問い合わせはコチラ

ネイルの枠を超えたアイデアで世界が注目する新鋭ネイルアーティスト Britney TOKYO

商品コード:
bi-hito_027
メーカー希望小売価格
オープン価格
販売価格
0 円 (税込 0 円)
送料無料
メーカー:
ヒト hito
関連カテゴリ:
ヒト > ネイル
キーワード > インスタグラム
キーワード > ネイルアート
月別記事一覧 > 2020年3月
注文受付数: 1個 ~ 1個まで
News 新着情報
2020年06月09日
世界で一つしかない「魅力」「存在」を輝かせる、イメージコンサルタント 杉森陽子さん。
2020年05月11日
"音"に着目した理由や具体的な施術方法によって音の美容を提供する「音響美容家 ユキ」さん。
2020年04月03日
育毛&美髪専門サロンRESALONオーナー ブランドやメディアのプロデューサーとしても活躍する渡辺佳恵さん
2020年03月24日
ネイルの枠を超えたアイデアで世界が注目する新鋭ネイルアーティスト Britney TOKYO
2020年03月05日
ヴィーガンに「なってほしい」のではなく「知ってほしい」 ライフスタイルクリエイターLINA
2020年02月25日
内面からにじみ出る本質的な美を追い求める全ての人々へ 美容家・土屋雅之
2020年02月12日
星野リゾートで各地域の特徴を活かした「ご当地スパ」体験 渡邉径子
2020年01月27日
腹筋から始める全身ボディメイク パーソナルトレーナー山崎麻央
2020年01月20日
男性の性の悩みに寄り添い豊かな性生活をサポートする メンズヘルスドクター福元和彦
2019年12月18日
身体の外側と内側の両方から真の美容と健康を目指す 山岡正明
2019年12月16日
美容と健康に関わる一流のサービスや商材を提供 日本美容振興協会
2019年12月10日
環境ストレスから私たちを守る、アンチポリューションコスメ「アポコス」
2019年12月09日
自分で自分のキレイ作り 日本セルフ美容協会 濱田文恵
2019年12月03日
洗い流し不要! 話題の高濃度炭酸パック「FLOSCA炭酸パック」
2019年12月02日
「素敵なお母さんづくり」をビジョンに社員教育 株式会社テルズ&クイーン
2019年11月25日
東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ「Noage」の医師がプロデュースしたエクオールサプリメント。
2019年11月25日
美容室のシャンプー・ブロー通い放題! 美容室定額アプリ「MEZON」
2019年11月19日
フォロワー6万人以上! コスメに絞って情報を発信 濱田あおい
2019年11月15日
日本におけるドライカットの第一人者 大峰浩喜
2019年10月31日
女性特有のデリケートな悩みに寄り添う「F ブライトイオニック ボディクリーム」
2019年10月21日
洗練された大人女性が選ぶ“上質な美”を目指して ビアンカグループ
2019年10月07日
健康的なダイエットの実現に 生きた酵素 スリムエンザイムプラス
2019年10月07日
1回で効果を実感?! 独特の骨格矯正技術「ろっかん式オリジナルメソッド」 清水六観
2019年10月01日
「美道」の美容理念でトータルビューティーを目指す 山野愛子ジェーン
2019年09月27日
自分のスケジュールに合わせて仕事ができる場所を提供 サロンマッチングサービス「Re・Make」
2019年09月18日
美しさではなく好感度を上げるためのメンズメイク 株式会社MBP.NEXT
2019年09月12日
フリーランスの美容師が働きやすい環境を 個室型シェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」
2019年09月09日
シミがなくなると人生は変わる!シミケア専門店「クリニカルエステ花蔵」
2019年09月04日
いつもキレイでいたいと願う、お客様のために。ちょっと新しい、ヘアカラー専門店「fufu」
2019年08月20日
オーダーメイドの独自トリートメントで美と健康の究極へ。あなただけの幸せな時間を約束するプライベートトリートメントサロン「百木ゆう子 Aoyama」。
2019年07月30日
脱毛しながらキレイになれる♡ 全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」。
2019年07月30日
男性の妊活文化を。性の悩みのない社会へ。すべての男性たちへ新しい希望を届けるTENGAヘルスケア。
2019年07月20日
日本初の頭もみほぐし専門店「悟空のきもち」で施術を手掛けるヘッドマイスターの 渡部蓉子 さん。
2019年07月20日
古い角質ポロポロ?! つるすべ肌へ。自宅で手軽にできるピーリングメソッド「EMiU エミウ」。
2019年07月08日
人生のパイセンTVにも出演!話題のヘアスタイリスト モテ髪師 義永大悟さん。
2019年06月25日
凄腕ゴッドハンド 浅川由美 さんの完全予約制のサロン「Chaleur+ シャルール」。都会のプライベート空間で最高の癒しを。
2019年06月25日
美容トラブルの救世主! ピュアビタミンCを高濃度配合。肌悩みを全方位ケアする美容液「プラスピュアVC28」。
2019年06月25日
プロの美容情報メディアサイト BiNOTANE(ビノタネ)OPEN!
美容のプロの方が読みたくなる美容商品や技術、研究開発、施術などの最新の美容情報を発信するメディアです。 エステサロン様のご紹介はもちろん、各メーカー様の開発秘話など、他メディアでは中々得難い情報を発信していきます。