ヴィーガンは健康、動物、環境など、すべてに繋がっている
さまざまな視点からヴィーガンライフスタイルの発信をしているLINAさん

2020/03/05 Lifestyle
強制ではなく、自分のライフスタイルの中でできることをしてほしいという、
ライフスタイルクリエイター・モデルのLINAさん
ヴィーガンと出会って、摂食障害やうつ病を克服したライフスタイルクリエイター・モデルのLINAさん。自身の経験を元に、ヴィーガンライフスタイルを通して、食生活だけでなく畜産業や地球環境についても発信しています。そんなLINAさんに、ヴィーガンとの出会いやヴィーガンライフスタイルについてインタビューさせていただきました。

Instagramの一枚の写真がキッカケでヴィーガンと出会う

――ヴィーガンと出会ったキッカケを教えてください。

LINA 私は17歳の頃、オーソレキシアと言われる摂食障害だったんです。食事に対して自分の中でいろいろなルールを作ることで、逆に自分自身を苦しめてしまう病気でした。さらに、うつ病にもなって、肉体的にも精神的にもつらい時期がありました。

当時は、希望もない、情熱もない、楽しくもない、食欲もないといった状態でしたが、ある日Instagramのタイムラインで流れてきた一枚の写真に目が留まったんです。それはスイートポテトにお豆のクリーミーソースがかかっていて、周りに色とりどりの野菜とソースがかかっている料理の写真でした。ただ、当時の私は動物性のものにかなり依存していて、炭水化物全般NGでしたし、野菜もフルーツもほぼ食べなかったので、写真の料理は自分のルールとは真逆のものでした。それにも関わらず、「美味しそう、食べたい」と思ったんです。それから、同じような写真を挙げている人のSNSを見ていると、みんな「#vegan」と付けていることに気付いて、何だろうと思ったのがヴィーガンと出会ったキッカケです。


――そこからヴィーガンについて勉強されたのですか?

LINA はい。最初はセレブの人たちがやっているダイエット感覚のものなんだろうと思ったのですが、調べてみるとただの食生活というわけではなくて、みんなライフスタイルの一つとして実践していたんです。自分の健康のためというのもありますが、畜産業の背景や地球環境のことなど、いろいろなことに繋がっていることが分かり、今まで知らなかったことにすごくショックを受けました。

それから、「せっかく生まれてきたのにこのまま人生を終えていいの」という言葉が毎日のように降りてきて、助けを必要としている人や動物のために、私にもできることがあると思ったんです。それで私も発信したいと思ったことが、ヴィーガンライフスタイルを送るようになったキッカケです。

ヴィーガンについては、当時は日本語で調べても情報がほとんど出てきませんでした。ですから海外から情報を得ることが多かったですね。YouTubeでヴィーガンの研究をしている人の講演やドキュメンタリー番組を見たりしました。あとはヴィーガンの人に話を聞いたりするなど、いろいろなところから情報を集めて勉強しました。


――実際にヴィーガンライフスタイルをしようと思っても、自分の中のルールと真逆の食生活に変えることは大変だったのではないですか?

LINA 本当に大変でしたが、私がヴィーガンライフスタイルについて発信していくためには、まず私自身が元気になってライフスタイルができていないと説得力がないじゃないですか。そこで、マインドが真逆の食生活をしている私が本当にヴィーガンになって健康でいられるのか、摂食障害とうつ病を克服できるのかを自分の身体で試そうと思ったんです。最初はアーモンドを何粒食べたか数えるなど、毎日毎日がチャレンジでした。前のルールに戻りそうになったときは、自分が元気にならないと情報を伝えることも地球も人も動物も救うことができないと言い聞かせることがモチベーションになりました。


ヴィーガンとは食生活だけでなく、畜産業や環境にも繋がっている

――日本ではベジタリアンと同じように思っている方もいると思いますが、どこが違うのでしょうか?

LINA 定義ということでお話しすると、ベジタリアンはお肉や魚などは食べませんが、牛乳、卵などは食べます。それに対してヴィーガンは、はちみつ、ミルク、お肉、魚、卵など、動物性のものは食べません。さらに、毛皮やウールなど動物性の衣類も身に付けませんし、動物性の原料が入っているコスメなども使いません。


――ヴィーガンとは食のことだけではないんですね。

LINA はい。ただ私はヴィーガンの定義はないと思っています。ネットで調べると、「完全菜食主義者」と出てきますが、私はマインドの持ち方だと思っているんです。ヴィーガンマインドですね。私が伝えていきたいヴィーガンライフスタイルというのは強制ではありませんので、ライフスタイルとして誰でも取り入れられるものだと思っているんです。

例えば、お肉を食べるとしても、その牛や豚はどこで誰がどんなふうに育てて、どうやって商品としてお店に並んだのかを分かったうえで食べるのと、全く知らないで食べるのでは全然違うと思うんですよ。なぜかというと、そこが環境や健康に繋がってくるからです。

例えば私が鶏を飼っていたとします。鶏は無精卵の卵を産みますが、ヴィーガンだったら卵を捨てるか肥料にするかどちらかだと思います。しかし、捨てるのは一番サスティナブルではありませんし、私は食べるつもりです。私がヴィーガンとして捉えている定義は、どこまで愛を持って人間らしいチョイスを日常生活の中でできるか。だから誰にでもできると思うんですよ。動物性のものを食べないからヴィーガン、食べるからヴィーガンではないではなくて、動物のため、健康のため、環境のために、例えば、お肉ではなく大豆ミートを買うとか、自分のライフスタイルの中でできることがたくさんあると思うんです。


――食生活だけでなく、動物や環境のことなども含めて、LINAさんが考えるヴィーガンとはこういうものですと伝えるのは、とても難しいことですね。

LINA 難しいです。だからこそSNSで発信していますし、昨年出版したライフスタイルレシピBOOK『+Love』にも、私が伝えたい枠に入れない"ヴィーガン"について、書かせて頂きました。ただ、人それぞれライフスタイルがありますし、人生経験も違うので、その人の中でここまではできるけど、これ以上はできないってあると思うんです。ですから、自分のライフスタイルの中でできるベストを尽くすことが一番大切だと思います。


Instagramやブログで、ヴィーガンライフスタイルについてさまざまな情報を発信しています。


――SNSを見た人から、ヴィーガンについての質問や相談などはありますか?

LINA 10代、20代前半の女の子から、「ヴィーガンライフスタイルに移りたいけど、親にどう説明したらいいか分からない」、「親に反対されていて、どうやって説得したらいいか分からない」といった相談が多いですね。動物性のものを食べないと栄養失調になったしまうと思われているんですよね。親御さんが心配されるのは分かります。私も母にきちんと理解してもらうのに1年かかりました。確かに、ある程度、栄養学を知ったうえで食生活を組み立てる必要はありますが、そんなに深く掘り下げなくてもいいと思うんです。

例えば、たんぱく質にしても、お豆腐だけに偏るのは私の中ではNGです。お豆も、白いんげん豆、ひよこ豆などいろいろありますし、豆腐以外にもテンペや納豆、大豆の発酵食品などを使って様々な料理ができます。他にも、大豆ミートや納豆などもあります。野菜もいろいろな種類がありますし、とにかく何か一つだけではなく、バラエティー豊かに取り入れることが大事です。


日本と海外ではヴィーガンに対する意識が違う

――日本と海外ではヴィーガンに対する意識や理解度は違いますか?

LINA 全く違います。昨年オーストラリアに3カ月間留学していたのですが、メルボルンはヴィーガンとかヴィーガンじゃないとかではなく、ほとんどの人がライフスタイルの中で地球環境を考えています。メルボルンはコーヒーの街と言われるくらい、みんな出勤前などにコーヒーを飲むのですが、テイクアウトするときはタンブラーなどを使います。また、マーケットに買い物に行くときもエコバックと計り売りの野菜などを入れる袋を持参しています。食事に関しても、私が行ったレストランは全てヴィーガンメニューがありました。ですから、ヴィーガンではない友人も、週に何回かはヴィーガン料理を食べています。


メルボルンのレストランでヴィーガン料理を楽しむLINAさん。


――逆に日本では、ヴィーガンライフスタイルの人は外食するのが大変ではないですか?

LINA その質問はよく聞かれるのですが、そんなに難しくないんですよ。日本でもヴィーガン料理のお店は増えてきています。それにイタリアンに行っても、例えばトマトベーコンパスタがあった場合はベーコンを抜いてもらったり、ピザも野菜だけにしてもらったり、ほとんどのお店がお願いすると対応してくださいます。これは和食屋さんとかでも同じなので、そんなに困ることはないんです。


ヴィーガンライフスタイルに変えて摂食障害やうつ病を克服

――昨年出版されたライフスタイルレシピBOOK『+Love』も、ヴィーガンの食生活のことを伝える一つでもあるのですか?

LINA そうですね。私は栄養士の資格は持っていないので栄養学について専門的なことを伝えることはできません。ただ、栄養学を学んでヴィーガンライフスタイルをしている中で行っていた食生活があります。その中で、この食材とこの食材を組み合わせるとお肉みたいになるとかチーズみたいになるとか、皆さんにお伝え出来ることもたくさんあります。何より、美味しくて栄養バランスも良いヴィーガンの食生活を楽しめるレシピをまとめています。摂食障害やうつ病が克服できたのもヴィーガンの食生活のおかげなので、私が体験してきたことを伝えていきたい。その一つが、このレシピ本です。


昨年の12月25日に発売されたライフスタイルレシピBOOK『+Love』。
レシピの他に、ヴィーガンカフェやコスメなども紹介しています。


――ヴィーガンになって摂食障害やうつ病が克服できたとおっしゃいましたが、他にヴィーガンになったことで変わったことはありますか?

LINA 人生が180度変わりましたが、性格も変わりました。もともとすごくネガティブだったんですけど、常にハッピーでポジティブになりました。人との出会いが変わって人生の流れが変わったこともあると思います。精神も身体も美容も全て食に関わっているなと改めて思いましたね。


――今後、取り組んでいきたいこと、目標について教えてください。

LINA ヴィーガンという言葉を前面に出さなくても、ライフスタイルの一つとしてフラットに伝えていけるようにしたいです。そしてクリエイティビティをメインに、例えばレシピ本だったり、ライフスタイルでみんなが使えるノートだったり、アートを通して伝えていきたいものがたくさんあります。そのためには、まず一人でも多くの人にヴィーガンマインドを理解してもらえるように今の活動を継続して続けていきます。


ライフスタイルクリエイター・モデル
LINAさん

日本人の父、スペイン人の母、それぞれの母国を行き来しながら育つ。3歳からモデル活動を開始。摂食障害とうつ病をきっかけに、愛を原点とした生き方VEGANに出会う。以来、環境・動物・健康について幅広い視点からVEGANライフスタイルを学び、未来への希望と生きる喜びに目覚める。近年ではモデル活動と共にトークショーをはじめ、Plant basedレシピ開発や、書籍の出版等、多岐に渡り“地球を守る為に今自分が尽くせるベスト”をモットーに「ライフスタイルクリエイター」として活動中。

ビノタネについて詳しく知りたい方

お問い合わせはコチラ

ヴィーガンに「なってほしい」のではなく「知ってほしい」 ライフスタイルクリエイターLINA

商品コード:
bi-hito_026
メーカー希望小売価格
オープン価格
販売価格
0 円 (税込 0 円)
送料無料
メーカー:
ヒト hito
関連カテゴリ:
ヒト > モデル
お悩み,効果 > その他のお悩み > 健康,食生活
キーワード > ヴィーガン
月別記事一覧 > 2020年3月
注文受付数: 1個 ~ 1個まで
News 新着情報
2020年04月03日
育毛&美髪専門サロンRESALONオーナー ブランドやメディアのプロデューサーとしても活躍する渡辺佳恵さん
2020年03月24日
ネイルの枠を超えたアイデアで世界が注目する新鋭ネイルアーティスト Britney TOKYO
2020年03月05日
ヴィーガンに「なってほしい」のではなく「知ってほしい」 ライフスタイルクリエイターLINA
2020年02月25日
内面からにじみ出る本質的な美を追い求める全ての人々へ 美容家・土屋雅之
2020年02月12日
星野リゾートで各地域の特徴を活かした「ご当地スパ」体験 渡邉径子
2020年01月27日
腹筋から始める全身ボディメイク パーソナルトレーナー山崎麻央
2020年01月20日
男性の性の悩みに寄り添い豊かな性生活をサポートする メンズヘルスドクター福元和彦
2019年12月18日
身体の外側と内側の両方から真の美容と健康を目指す 山岡正明
2019年12月16日
美容と健康に関わる一流のサービスや商材を提供 日本美容振興協会
2019年12月10日
環境ストレスから私たちを守る、アンチポリューションコスメ「アポコス」
2019年12月09日
自分で自分のキレイ作り 日本セルフ美容協会 濱田文恵
2019年12月03日
洗い流し不要! 話題の高濃度炭酸パック「FLOSCA炭酸パック」
2019年12月02日
「素敵なお母さんづくり」をビジョンに社員教育 株式会社テルズ&クイーン
2019年11月25日
東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ「Noage」の医師がプロデュースしたエクオールサプリメント。
2019年11月25日
美容室のシャンプー・ブロー通い放題! 美容室定額アプリ「MEZON」
2019年11月19日
フォロワー6万人以上! コスメに絞って情報を発信 濱田あおい
2019年11月15日
日本におけるドライカットの第一人者 大峰浩喜
2019年10月31日
女性特有のデリケートな悩みに寄り添う「F ブライトイオニック ボディクリーム」
2019年10月21日
洗練された大人女性が選ぶ“上質な美”を目指して ビアンカグループ
2019年10月07日
健康的なダイエットの実現に 生きた酵素 スリムエンザイムプラス
2019年10月07日
1回で効果を実感?! 独特の骨格矯正技術「ろっかん式オリジナルメソッド」 清水六観
2019年10月01日
「美道」の美容理念でトータルビューティーを目指す 山野愛子ジェーン
2019年09月27日
自分のスケジュールに合わせて仕事ができる場所を提供 サロンマッチングサービス「Re・Make」
2019年09月18日
美しさではなく好感度を上げるためのメンズメイク 株式会社MBP.NEXT
2019年09月12日
フリーランスの美容師が働きやすい環境を 個室型シェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」
2019年09月09日
シミがなくなると人生は変わる!シミケア専門店「クリニカルエステ花蔵」
2019年09月04日
いつもキレイでいたいと願う、お客様のために。ちょっと新しい、ヘアカラー専門店「fufu」
2019年08月20日
オーダーメイドの独自トリートメントで美と健康の究極へ。あなただけの幸せな時間を約束するプライベートトリートメントサロン「百木ゆう子 Aoyama」。
2019年07月30日
脱毛しながらキレイになれる♡ 全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」。
2019年07月30日
男性の妊活文化を。性の悩みのない社会へ。すべての男性たちへ新しい希望を届けるTENGAヘルスケア。
2019年07月20日
日本初の頭もみほぐし専門店「悟空のきもち」で施術を手掛けるヘッドマイスターの 渡部蓉子 さん。
2019年07月20日
古い角質ポロポロ?! つるすべ肌へ。自宅で手軽にできるピーリングメソッド「EMiU エミウ」。
2019年07月08日
人生のパイセンTVにも出演!話題のヘアスタイリスト モテ髪師 義永大悟さん。
2019年06月25日
凄腕ゴッドハンド 浅川由美 さんの完全予約制のサロン「Chaleur+ シャルール」。都会のプライベート空間で最高の癒しを。
2019年06月25日
美容トラブルの救世主! ピュアビタミンCを高濃度配合。肌悩みを全方位ケアする美容液「プラスピュアVC28」。
2019年06月25日
プロの美容情報メディアサイト BiNOTANE(ビノタネ)OPEN!
美容のプロの方が読みたくなる美容商品や技術、研究開発、施術などの最新の美容情報を発信するメディアです。 エステサロン様のご紹介はもちろん、各メーカー様の開発秘話など、他メディアでは中々得難い情報を発信していきます。