誰もが将来に不安を抱かず、長く働き続けられる美容業界にしたい
日本と中国を美容の技術・知識の交流で繋ぐ榊原健光さん

2019/12/16 Beauty
美容業界で働く人たちのために協会を立ち上げ取り組んでいる
一般社団法人 日本美容振興協会 代表理事 榊原健光さん
美容業界で働いている人たちの環境を改善したいとの思いから日本美容振興協会を立ち上げた代表理事の榊原健光さん。海外にも目を向け、中国でスクールを展開するなど、国内外でさまざまな取り組みをされている榊原さんに、協会設立の背景や具体的な取り組み、そして今後の活動目標などについて、インタビューさせていただきました。

美容関係者が働きやすい環境を提供したいという思いから立ち上げた日本美容振興協会

――日本美容振興協会を立ち上げたキッカケを教えてください。

榊原 グループ自体がサロンを運営していますが、私はもともと不動産業界で仕事をしていました。そのときは、福利厚生が充実していて定年まで働けるイメージが沸きましたが、美容業界に入ったときに、将来性を考えるとまだまだ労働環境を変える余地があると思いました。美容あるいはサロンで働いている方の中には、40歳頃になると「長く働いていけるのか」「いつまでやれるのか」など、将来に不安を抱く方がいるんですよ。

実際、サロンのオーナーなどでなければ50~60歳で現場に立っている方はあまりないんですね。ですから、何歳になっても働けて収入のベースアップができるような環境を提供したいと思って、日本美容振興協会を立ち上げました。


――サラリーマンのように、安心して長く働ける環境を提供したいという思いなんですね。

榊原 日本では経験を積んでいる40~50代のスタッフが安心して長く働ける環境が整っていませんが、海外ではベテランとして講師などを任されることが少なくありません。しかし一方で、知名度がなければ「誰なの?」ってなりますよね。そうなるとサロンの名前だけでは弱いので、協会の認定講師という看板で営業することで、仕事を取りやすくしたんです。

私もパートナーと中国でスクールを開いていますが、個人の会社名では当然ながらインパクトがありません。登録サロンの数など規模感を持たせ、その中で認定された講師と名乗れます。つまり、個人のネームバリューを高めるための協会ということでもあります。


認定講師という看板を掲げ、中国で日本の技術知識を教える

――日本美容振興協会では、具体的にどのような取り組みを行っているのでしょうか?

榊原 協会の認定講師が中国で講習を行っています。例えば、ネイルならカリキュラムを組んで、歴史、爪の特徴などの基本的内容やデザインの授業です。また、エステの場合は、機械施術などの技術的な指導もあれば、皮膚に関する基礎的な知識も教えています。

中国は法整備がまだ進んでおらず、民間のサロンやスクールなどをベースにしていることが少なくありません。つまり規模が大きくなって、何か問題が起きてから整備されるような状態なんです。ですから、日本の技術や知識という看板を掲げて、少しでも集客のプラスにしたい方が多いんですよ。そのために、基礎技術や応用編などを教えています。これは派遣ではなく、認定講師に対する仕事の紹介です。


――日本美容振興協会のトータルビューティープログラムの育成とは、どのようなことを目的としたものなのでしょうか?

榊原 独自の技術になると、その先生しか教えられません。これは、理論に関してもそうだと思います。例えば、機械で施術をやってきた先生が、いきなり手を使った施術は教えられません。ですから、先生独自の技術を有名にしてあげたいのではなく、長く活躍できる場を用意するということ。協会の認定講師は、誰がどこに行っても同じ技術を提供できる、誰が来ても同じ技術が受けられるようなプログラムを設定しているということです。


中国のサロン関係者に向けて日本で行われた講習会


――なぜ中国に目を向けたのですか?

榊原 たまたま日本美容振興協会とは別に、本業で中国と関わる機会が多かったんです。私の会社は免税店からスタートしています。周りには中国人アルバイトがプラカードを持ってお客を引き込むようなドラッグストアが多く、同じようなことをやっても当然ダメなわけです。そこで苦肉の策として、美容体験のできるビューティーツアーを企画して旅行会社に営業したんです。そのツアーが反響があったので、着物やメイク、エステ、ネイル、まつ毛など、興味を持たれそうなことを、全てツアーに組み込んで提案したんです。その繋がりから、いろいろな中国のスクール関係者をご紹介いただきました。そこから先生を紹介してほしいという声掛けが増えて中国で教えるようになったんです。


――中国のサロンオーナーは、日本の美容業界に対してどのような点に注目しているのでしょうか?

榊原 日本の技術は信頼があるんですよ。中国には国家資格などがなく、教育環境が整っていません。どちらかというと、就職したお店で勉強する感じなんです。ですから、例えばヘアカラーがなぜ染まっているのか、なぜ色が抜けるのかといったメカニズムが分かっていないんですね。

学校はあっても、実際に教わることと現場が乖離していることが多いんです。それで日本に行った際に受けた技術に感動して「これを私もやりたい」「どうせお金を出すなら、こういうのが良い」というニーズが生まれます。ちなみに中国で教える際には、ディプロマ(卒業証書)を発行しています。また、中国のフランチャイズ店では、年間何回か講師を呼んでレッスンするよう契約書に記載しています。


中国フランチャイズ1号店の店内


日本と中国では労働環境やビジネスに対する姿勢が大きく違う

――中国と日本の美容業界を見てこられて、どのようなところに違いを感じますか?

榊原 日本と違い、中国では技術を持った現場スタッフが、すぐに独立してしまいます。ですから、例えば店長なら株を持たせるなどしないと、すぐ独立するんです。労働環境やビジネスに対して、圧倒的に考え方が日本と違いますね。

ですからスクールを3年前に始めた当時は、生徒さんの9割5分がオーナー志望者でした。とにかく意識が高いので、技術習得のために居残りもしますし、授業中も分からないことがあれば授業を止めて質問してきます。

お客様の違いとしては、海外の技術など「良いものを体験したい」という部分でしょうか。フランチャイズの看板を作って接客しているところは、お客様も技術もかなりクオリティが高いですね。また、ネット情報は信用していません。KOLや友達など自分が信用できるところから情報を得て、「日本の技術を体験したい」という感じで動きます。


――レッスンをしている中で、中国の方々からはどのような質問が多いですか?

榊原 技術的なことや言葉の意味など、いろいろな質問があります。また、サロンのオーナーさんは、授業には関係ありませんが、サロン経営における人の管理やメニューの組み方などについて聞かれることもあります。とにかく広範囲ですね。皆さん、とにかく貪欲に質問してきますよ。


――美容について、中国から日本へ取り入れたいものはありますか?

榊原 いろいろ見てきて驚いたのは、中国では「本当にサロンでやれるの?」という技術が山ほどあります。例えば、顔に針を刺すようなことを、展示会でやっているんですよ。こういうのって、日本では無理ですよね。面白そうと思う反面、やっぱり日本では難しいのかなと思っています。

また、とても興味があったのがツボです。耳や足など、ツボ関係はとても凄いですね。

あと、私が日本に持って行きたいと思ったのがお茶です。中国のお茶は、ハーブティーみたいに全て効果効能があるんです。お茶の葉はブレンドされていて、とても気になりました。

ただ、講師陣や技術者が長く働ける、活躍できる環境を準備する目的で協会を運営しているので、あまり新しい技術を中国から持ってくることは考えていません。


上海の展示会「beauty expo」でインタビューを受ける榊原さん


――日本美容振興協会の仕組みについて、感じていることや課題はありますか?

榊原 日本美容振興協会は、仕組みがしっかりしています。美容師以外は全て民間資格ですが、初級、中級、上級など、取得することで技術力を担保できるんです。顧客もそれを見てある程度は分かるので、実際に行ってみて全然違うなんていうこともありません。

ただ、今は外的なアプローチだけで、「こういうお客さんになってほしい」という思いでやっている方が少ないのかなと感じています。まだまだ理念のないビジネスのような感じで、あくまでコンテンツの一つと捉えられている気がします。そこの認識を変える仕組みを作っていきたいと思っています。


海外と日本とで人とモノの交流を増やしていきたい

――今後の活動目標や夢について教えてください。

榊原 今、日本の美容業界は人手不足です。このままでは経営が成り立たなくなるので、とても深刻な問題です。さらに、今後人口が減少していけば、今以上に海外から人が入ってくるようになると思うんです。そうなったときに受け入れられる環境や体制がないと、今業界で働いている人たちが結果的に食べていけなくなります。ですから今後は、その環境や体制を整えていくとともに、人やモノの交流をもっと積極的に取り組んでいきたいと思っています。


ランディ株式会社 代表取締役
一般社団法人 日本美容振興協会 代表理事
榊原健光さん

20代でアパート請負建築営業を経験後独立。しかし世の中の厳しさから会社の看板の力に頼っていた事に気付き、自身の信用で飲食店を経営する知人に憧れ、30代で社交飲食店にアルバイト勤務。3年間の下積み後、出店を計画するも開店資金を調達出来ず断念。そのタイミングで、トータルビューティーサロンを経営する高校時代の先輩が出店する免税店の立ち上げに参加したことがキッカケで、美容を軸とした様々な企画で中国とのビジネスをスタート。
現在は美容業界の従事者が長期に渡って活躍出来るように中国人の方々を対象としたセミナーや講習会の企画、ツアー客の受け入れや商品販売で、集客や売り上げアップに貢献し、技術者の生活を豊かにする事を目的とした協会運営を行う。

ランディ株式会社
一般社団法人 日本美容振興協会
〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野4-19-7
TEL : 06-6809-6996
http://landi-world.com/

撮影:坂本 康太郎

ビノタネについて詳しく知りたい方

お問い合わせはコチラ

美容と健康に関わる一流のサービスや商材を提供 日本美容振興協会

商品コード:
bi-hito_020
メーカー希望小売価格
オープン価格
販売価格
0 円 (税込 0 円)
送料無料
メーカー:
ヒト hito
関連カテゴリ:
ヒト > サロン
ヒト > ネイル
ヒト > マツエク
月別記事一覧 > 2019年12月
注文受付数: 1個 ~ 1個まで
News 新着情報
2020年04月03日
育毛&美髪専門サロンRESALONオーナー ブランドやメディアのプロデューサーとしても活躍する渡辺佳恵さん
2020年03月24日
ネイルの枠を超えたアイデアで世界が注目する新鋭ネイルアーティスト Britney TOKYO
2020年03月05日
ヴィーガンに「なってほしい」のではなく「知ってほしい」 ライフスタイルクリエイターLINA
2020年02月25日
内面からにじみ出る本質的な美を追い求める全ての人々へ 美容家・土屋雅之
2020年02月12日
星野リゾートで各地域の特徴を活かした「ご当地スパ」体験 渡邉径子
2020年01月27日
腹筋から始める全身ボディメイク パーソナルトレーナー山崎麻央
2020年01月20日
男性の性の悩みに寄り添い豊かな性生活をサポートする メンズヘルスドクター福元和彦
2019年12月18日
身体の外側と内側の両方から真の美容と健康を目指す 山岡正明
2019年12月16日
美容と健康に関わる一流のサービスや商材を提供 日本美容振興協会
2019年12月10日
環境ストレスから私たちを守る、アンチポリューションコスメ「アポコス」
2019年12月09日
自分で自分のキレイ作り 日本セルフ美容協会 濱田文恵
2019年12月03日
洗い流し不要! 話題の高濃度炭酸パック「FLOSCA炭酸パック」
2019年12月02日
「素敵なお母さんづくり」をビジョンに社員教育 株式会社テルズ&クイーン
2019年11月25日
東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ「Noage」の医師がプロデュースしたエクオールサプリメント。
2019年11月25日
美容室のシャンプー・ブロー通い放題! 美容室定額アプリ「MEZON」
2019年11月19日
フォロワー6万人以上! コスメに絞って情報を発信 濱田あおい
2019年11月15日
日本におけるドライカットの第一人者 大峰浩喜
2019年10月31日
女性特有のデリケートな悩みに寄り添う「F ブライトイオニック ボディクリーム」
2019年10月21日
洗練された大人女性が選ぶ“上質な美”を目指して ビアンカグループ
2019年10月07日
健康的なダイエットの実現に 生きた酵素 スリムエンザイムプラス
2019年10月07日
1回で効果を実感?! 独特の骨格矯正技術「ろっかん式オリジナルメソッド」 清水六観
2019年10月01日
「美道」の美容理念でトータルビューティーを目指す 山野愛子ジェーン
2019年09月27日
自分のスケジュールに合わせて仕事ができる場所を提供 サロンマッチングサービス「Re・Make」
2019年09月18日
美しさではなく好感度を上げるためのメンズメイク 株式会社MBP.NEXT
2019年09月12日
フリーランスの美容師が働きやすい環境を 個室型シェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」
2019年09月09日
シミがなくなると人生は変わる!シミケア専門店「クリニカルエステ花蔵」
2019年09月04日
いつもキレイでいたいと願う、お客様のために。ちょっと新しい、ヘアカラー専門店「fufu」
2019年08月20日
オーダーメイドの独自トリートメントで美と健康の究極へ。あなただけの幸せな時間を約束するプライベートトリートメントサロン「百木ゆう子 Aoyama」。
2019年07月30日
脱毛しながらキレイになれる♡ 全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」。
2019年07月30日
男性の妊活文化を。性の悩みのない社会へ。すべての男性たちへ新しい希望を届けるTENGAヘルスケア。
2019年07月20日
日本初の頭もみほぐし専門店「悟空のきもち」で施術を手掛けるヘッドマイスターの 渡部蓉子 さん。
2019年07月20日
古い角質ポロポロ?! つるすべ肌へ。自宅で手軽にできるピーリングメソッド「EMiU エミウ」。
2019年07月08日
人生のパイセンTVにも出演!話題のヘアスタイリスト モテ髪師 義永大悟さん。
2019年06月25日
凄腕ゴッドハンド 浅川由美 さんの完全予約制のサロン「Chaleur+ シャルール」。都会のプライベート空間で最高の癒しを。
2019年06月25日
美容トラブルの救世主! ピュアビタミンCを高濃度配合。肌悩みを全方位ケアする美容液「プラスピュアVC28」。
2019年06月25日
プロの美容情報メディアサイト BiNOTANE(ビノタネ)OPEN!
美容のプロの方が読みたくなる美容商品や技術、研究開発、施術などの最新の美容情報を発信するメディアです。 エステサロン様のご紹介はもちろん、各メーカー様の開発秘話など、他メディアでは中々得難い情報を発信していきます。