美容と養生、両方の考え方を伝えたい
西洋と東洋の美容を組み合わせた「美養法」を提唱する濱田文恵さん

2019/12/09 Self beauty
美容の「美」と養生の「養」を合わせた「美養法」を伝えるため、
一般社団法人日本セルフ美容協会®を立ち上げ、代表理事を務めている日中美容研究家の濱田文恵さん
美容と言えば、メイクアップなど見た目の美しさにフォーカスしがちですが、内側からの美容も非常に重要です。日中美容研究家の濱田文恵さんは、この双方を別々に考えるのではなく、組み合わせることで新たに生み出した「美養法」を提唱しています。そんな濱田さんに、美容を学び始めたキッカケや美養法の考え方、そして今後の目標などについてインタビューさせていただきました。

自分自身の肌荒れをキッカケに学び始めた美容の知識

――美容家を目指そうと思ったキッカケを教えてください。

濱田 もともと美容家を目指していたわけではないんですよ。私自身、肌が荒れてしまって、皮膚科に行ったり、いろいろな化粧品を使ったりしました。でも全く治らず、もっと根本的な原因があるのではないかと思ったんです。

その原因を知るために、まずは自分の肌について知る必要があると考えました。そこから美容について勉強を始めたのですが、スキンケアのあるべき理由や肌の仕組みなどを学んでいくうちに、きちんと理解できていない人が多いのではと思いました。そこで、私自身がそれを伝えたり、発信したりしたいと思ったんです。

ただ、私は美容の専門学校に行ったわけでもないので説得力がありません。ですから、まずは私がどんな人なのか皆さんに知ってもらえるように取り組みました。私がなぜ美容の道に進み、どんな美容を行っているのかを理解してもらって、初めて発信に信ぴょう性が生まれます。ウェブ記事で美容情報を発信していくうちに、周りの方から美容家としてご紹介していただくようになったんです。


――最初の頃は、どのような情報を発信されていたのですか?

濱田 最初は、単純に自分が使っているスキンケア商品や、メイク学校で学んだことを自宅で実践して情報を発信していました。

今は、私が取り組んでいる中医学や昔の美容法、日本の民間療法などについて発信しています。これらはお金が不要ですし、日々の生活にも身近です。ただ、それが全て使えるかといえば別の話になるので、昔の手法で今もそのまま使えるもの、セルフ美容に役立つ情報を発信していけたらと考えています。


――昔の美容法は試すのも大変だと思いますが、どのように伝えようとしているのでしょうか?

濱田 例えば、極論ですが平安時代に鶯の糞で顔をパックして美肌にしていたとか、今の時代は無理ですよね。ただ、情報として発信する分には面白いかなと思います。

また、日本では夏にスイカを食べますが、中国ではスイカは体内の熱を下げる働きがあるので、ニキビができたときや肉食が続いたときに食べたりするんですね。中国の化粧品メーカーは、実際にスイカの美容液を出しています。そういった化粧品を見つけてきてスイカにはこういう効果があって中国では昔から使われていたんですよ、と紹介すると受け入れてもらいやすいんですよ。よく薬膳はこういう働きがありますって言いますけど、「根拠は?」ってなったときに、やはり一般栄養学の面から根拠を示すことで訴求できると思っています。


西洋美容と東洋美容を組み合わせ、見た目と内側の両面からキレイを提案する

――今のお話にあった中医学と日本の民間療法というのが、濱田さんが提唱している、東洋と西洋を組み合わせた独自の「美養法」に繋がってくるのでしょうか?

濱田 はい、繋がります。一般的な西洋美容は、欧米型における最先端の科学技術をつぎ込んだ美容化粧品やエステといったものだと思います。まさに見た目の肌が重要ですし、短期的・瞬発的に必要とされている「キレイ」だと思うんです。でも、東洋美容で、身体の内側からキレイになることは長期的に見たときに大事なことだと思います。女性としては、内側も外側もキレイでいたいですよね。そこで私が提唱しているのが、東洋と西洋を組み合わせた「美養法」です。


――それを言葉で伝えるのは、とても難しいですよね。

濱田 特に東洋美容の部分については難しいですね。気や血、津液(水)など、基本が理解できていないと、いきなり対策やケアについて言われることになるので理解できないと思います。例えば、ツボを押せば良いとして、その理由を説明するのが難しい。いかに言葉で分かりやすく伝えるのかは、今後表現するうえで身につけなければいけない点だと思っています。


実際に受講生をモデルに指導する濱田さん


――そこを分かりやすく伝えるために「美養」という言葉を考えられたのですか?

濱田 そうですね。美容の「美」と養生の「養」を組み合わせると分かりやすくなると思ったんです。特に女性は「美養」の二文字で想像してくださると思いました。中国圏では、美容という言葉と同じぐらい養生という言葉が街中に溢れています。ですから、日本人がイメージする「美容」と中国圏の「養生」は一緒なんですよ。

これからの時代は、美容だけではなくて健康面も必要になってくると思うので、その感覚を身に付けてもらうためにも養生の考え方を日本に広めたいと思っています。


自分自身でキレイになるセルフ美容の方法を教えたい

――濱田さんは一般社団法人日本セルフ美容協会®️の代表を務めていらっしゃいますが、セルフ美容に役立つ情報を発信するというところから協会を立ち上げようと思われたのですか?

濱田 そうですね。エステなどに行くことも大事ですが、毎日は行けません。だから、自分自身でケアできたら一番良いというのが私のテーマです。このことをベースとして、2年前に一般社団法人日本セルフ美容協会®️を立ち上げました。


――協会では、具体的にどのような取り組みを行っているのでしょうか?

濱田 協会ではいろいろなレッスンを行っています。女性が自分磨きやキレイになるために必要なものは何かと考えたときに、肌やスキンケア、メイクアップ、パーソナルカラーなどがあります。あと意外と後回しになるのが髪の毛です。肌やメイクはカバーしやすいですが、髪の毛は老化するとどうにもなりません。ですからレッスンには、毛髪美容を設けました。また、食事の摂り方や女性ホルモンなどについて教える、体内美容のレッスンも定期的に実施しています。

レッスンは単純にワンパターンで教えるのではなく、学校風の内容です。理論が分かると応用が利くので、レッスン後も自宅で行えますよね。でも時間が経つと、いつもの生活に戻ってしまうのは当然のことです。ですから情報交換しながらお互いを盛り上げ、頑張って取り組める場所になっています。


協会を通じて美容の知識を深めるための学びの場を提供

レッスンは月2回、年間で24回ほど行われています。マンツーマンや少人数制なので、丁寧に教えてくれます。


――協会で認定されている、「コスメカラーソムリエ®️」と「セルフ美容マイスター®️」とはどのような資格なのでしょうか?

濱田 もともと洋服などで用いられてきたパーソナルカラーが、今はメイクコスメにも当前のように入ってきています。そのパーソナルカラーを見極めたり、コスメをフォーシーズンに分ける力を身に付けたりするのが「コスメカラーソムリエ®️」です。シーズンに合わせたメイクアップを一通り学ぶことで、自分自身のメイクアップやコスメ選びができるようになります。また、自分でセミナーなどを開いて教えることも可能です。あるいは、美容部員としてお客様に提案したり、ライターとして新色について情報を発信したりできるようにもなります。

そして、「セルフ美容マイスター®️」は美容の先生になりたい人、お客様などにセルフ美容法をお伝えする人向けの資格です。セルフ美容養成講座を開いていて、全部で9カ月の受講と3カ月の現場実習があります。スキンケア美容から体内美容、応用的な考え方、内臓との繋がりなど、徹底的に全て教えています。プロ育成のようなコースですね。最後はブランディングまで教えるので、自分自身の持っている特技と学んできたことを合わせて、セルフ美容を軸にメニューも作ってもらっています。資格を取得して、先生として教えることもできますし、プロの美容専門家として活動していくこともできます。



――最近は、美容に興味を持つ男性も増えていますが、男性向けにも何か活動はされていますか?

濱田 今は活動していませんが、いろいろと深堀りしていく必要があると思っています。2018年に医薬品登録販売者の資格を取得しました。漢方薬を取り扱うために研修していますが、無責任な発言はできないなと痛感しています。健康について根拠があり、しっかり説明できるようになれば、男性向けに漢方薬や推拿、ツボなどからアプローチできるようになるかもしれません。そういう部分も含め、トータルに提案できるようになりたいなという思いで準備しているところです。


美容家として知識を身に付け、確かな情報を発信していきたい

――最後に、今後の目標や夢などについて教えてください。

濱田 中国で言う「中医師」になりたいんです。国家資格になりますが、日本では中国政府が認めている国際中医師という資格があります。日本での医療行為はできませんが、医薬品登録販売者を取っているので漢方薬は出せるんです。美容家だからこそ、きちんと情報を伝えられる中医師・治療家を目指しています。


一般社団法人
日本セルフ美容協会®代表理事
日中美容研究家
濱田文恵さん

自身のニキビ肌をセルフ美容で克服した経緯を経て”キレイ”は自分でも作れることを啓蒙するため一般社団法人日本セルフ美容協会®︎を設立し、理事を務める。 その傍ら中国にルーツを持つことから、中医美容・薬膳養生・漢方薬にも精通し、独自の東洋と西洋を組み合わせた美養法の提唱している。著書に、最年少美容家までの道のりを赤裸々に綴った「運命をこっそり変える」(セブン&出版)がある。


一般社団法人日本セルフ美容協会®
http://www.self-beauty.org/
濱田文恵オフィシャルサイト
http://hamada-fumie.info/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCf7tQvAJRJTfvV-OveeiYcQ

撮影:安場 郁

ビノタネについて詳しく知りたい方

お問い合わせはコチラ

自分で自分のキレイ作り 日本セルフ美容協会 濱田文恵

商品コード:
bi-hito_019
メーカー希望小売価格
オープン価格
販売価格
0 円 (税込 0 円)
送料無料
メーカー:
ヒト hito
関連カテゴリ:
ヒト > メイク
お悩み,効果 > スキンケアのお悩み > 肌荒れ
キーワード > セルフ美容
月別記事一覧 > 2019年12月
注文受付数: 1個 ~ 1個まで
News 新着情報
2020年04月03日
育毛&美髪専門サロンRESALONオーナー ブランドやメディアのプロデューサーとしても活躍する渡辺佳恵さん
2020年03月24日
ネイルの枠を超えたアイデアで世界が注目する新鋭ネイルアーティスト Britney TOKYO
2020年03月05日
ヴィーガンに「なってほしい」のではなく「知ってほしい」 ライフスタイルクリエイターLINA
2020年02月25日
内面からにじみ出る本質的な美を追い求める全ての人々へ 美容家・土屋雅之
2020年02月12日
星野リゾートで各地域の特徴を活かした「ご当地スパ」体験 渡邉径子
2020年01月27日
腹筋から始める全身ボディメイク パーソナルトレーナー山崎麻央
2020年01月20日
男性の性の悩みに寄り添い豊かな性生活をサポートする メンズヘルスドクター福元和彦
2019年12月18日
身体の外側と内側の両方から真の美容と健康を目指す 山岡正明
2019年12月16日
美容と健康に関わる一流のサービスや商材を提供 日本美容振興協会
2019年12月10日
環境ストレスから私たちを守る、アンチポリューションコスメ「アポコス」
2019年12月09日
自分で自分のキレイ作り 日本セルフ美容協会 濱田文恵
2019年12月03日
洗い流し不要! 話題の高濃度炭酸パック「FLOSCA炭酸パック」
2019年12月02日
「素敵なお母さんづくり」をビジョンに社員教育 株式会社テルズ&クイーン
2019年11月25日
東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ「Noage」の医師がプロデュースしたエクオールサプリメント。
2019年11月25日
美容室のシャンプー・ブロー通い放題! 美容室定額アプリ「MEZON」
2019年11月19日
フォロワー6万人以上! コスメに絞って情報を発信 濱田あおい
2019年11月15日
日本におけるドライカットの第一人者 大峰浩喜
2019年10月31日
女性特有のデリケートな悩みに寄り添う「F ブライトイオニック ボディクリーム」
2019年10月21日
洗練された大人女性が選ぶ“上質な美”を目指して ビアンカグループ
2019年10月07日
健康的なダイエットの実現に 生きた酵素 スリムエンザイムプラス
2019年10月07日
1回で効果を実感?! 独特の骨格矯正技術「ろっかん式オリジナルメソッド」 清水六観
2019年10月01日
「美道」の美容理念でトータルビューティーを目指す 山野愛子ジェーン
2019年09月27日
自分のスケジュールに合わせて仕事ができる場所を提供 サロンマッチングサービス「Re・Make」
2019年09月18日
美しさではなく好感度を上げるためのメンズメイク 株式会社MBP.NEXT
2019年09月12日
フリーランスの美容師が働きやすい環境を 個室型シェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」
2019年09月09日
シミがなくなると人生は変わる!シミケア専門店「クリニカルエステ花蔵」
2019年09月04日
いつもキレイでいたいと願う、お客様のために。ちょっと新しい、ヘアカラー専門店「fufu」
2019年08月20日
オーダーメイドの独自トリートメントで美と健康の究極へ。あなただけの幸せな時間を約束するプライベートトリートメントサロン「百木ゆう子 Aoyama」。
2019年07月30日
脱毛しながらキレイになれる♡ 全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」。
2019年07月30日
男性の妊活文化を。性の悩みのない社会へ。すべての男性たちへ新しい希望を届けるTENGAヘルスケア。
2019年07月20日
日本初の頭もみほぐし専門店「悟空のきもち」で施術を手掛けるヘッドマイスターの 渡部蓉子 さん。
2019年07月20日
古い角質ポロポロ?! つるすべ肌へ。自宅で手軽にできるピーリングメソッド「EMiU エミウ」。
2019年07月08日
人生のパイセンTVにも出演!話題のヘアスタイリスト モテ髪師 義永大悟さん。
2019年06月25日
凄腕ゴッドハンド 浅川由美 さんの完全予約制のサロン「Chaleur+ シャルール」。都会のプライベート空間で最高の癒しを。
2019年06月25日
美容トラブルの救世主! ピュアビタミンCを高濃度配合。肌悩みを全方位ケアする美容液「プラスピュアVC28」。
2019年06月25日
プロの美容情報メディアサイト BiNOTANE(ビノタネ)OPEN!
美容のプロの方が読みたくなる美容商品や技術、研究開発、施術などの最新の美容情報を発信するメディアです。 エステサロン様のご紹介はもちろん、各メーカー様の開発秘話など、他メディアでは中々得難い情報を発信していきます。