美容師やネイリストなどが働きたいときに働ける環境を
独自のサロンマッチングサービスを展開する境恭介さん

2019/09/27 Salon Matching
借り手と貸し手の両方のニーズに応えるサロンマッチングサービス「Re・Make」を運営している
株式会社リスペクトフォース代表取締役 境恭介さん
サロンマッチングサービス「Re・Make」を運営している株式会社リスペクトフォース代表取締役 境恭介さん。他社とは違う独自のサービス内容が人気を集め、少しずつ売上が拡大し、現在は一都三県に展開する事業へと成長しています。「Re・Make」事業をスタートしたキッカケや独自のサービス展開、今後の展望などについてインタビューさせていただきました。

美容関連の機械販売・リースを中心に少数精鋭で事業を推進

――御社では、美容や健康に特化した事業をいろいろ行っていますが、最初はどのような事業からスタートされたのですか?

 2005年5月に会社を立ち上げ、最初は法人向けにコピー機の販売などを行っていました。業界全体がリースに移行して競合が多い状況で、美容関連の機械も同じ転換期を迎えていたので、ゲルマニウム温浴器という足湯の機械をリースで取り扱い出したんです。当時は私を含めて従業員が4名で、3名がコピー機、1名がゲルマニウム温浴器を販売していたんですが、売上はどちらも同じだったんですよ。それで会社設立から3カ月ほど経った頃、美容機器を特化して扱うようになりました。当時、美容業界の機械をリースして販売まで行っている会社は他にありませんでした。展示会でメーカーさんに「販売もリース代行もします」と話を持ちかけたところ、200~300社から取引したいと声を掛けて頂いて、約1年で取り扱う機械が300種類ほどになったんです。

現在のサービスは美容機器の販売とレンタル、売却と中古品の買い取りがあります。そして、もう一つがサロンマッチングサービス「Re・Make」というシェアサロンへの取り組みです。


自分のスケジュールに合わせて仕事ができる場所を提供する

「Re・Make」では、駅近や個室、月極など、さまざまなサロンを提供しています


――近年、シェアサロンのビジネスも広がってきていますが、サロンマッチングサービス「Re・Make」は、どのようなキッカケから始まった事業なのですか?

 私の妻が、10年ほどエステティックサロンで店長を務めていました。そこでは結婚すると、ほとんどの女性が辞めていくんですよ。ただ、子供ができてまた働きたいと思っても、小さい子供さんがいると、発熱など子供に何があるか分からないので正社員での再雇用が難しいんですね。つまり技術があっても、それを発揮する場所がないわけです。

そんなとき、脱毛器を販売したサロンから「空き部屋をなんとかしたい」と相談を受けました。そこでSNSを使って募集してみたところ、1日に10人程から問い合わせが入ったんです。私たちは人材派遣会社でないので、応募者との交渉などはお断りしたんですが、手数料を払うからなんとかしてほしいと言われまして。そこで応募者と面談をして、2名を月極で借りないかとご紹介したんです。お金のやり取りは直接だと揉めることがありますが、うちが間に入ることで運営がスムーズになったんです。これが一つのキッカケとなりました。

当時うちも子供が産まれていたんですが、妻がお店に戻れば利用すると言ってくださるお客様もいました。そこで、場所を借りて技術を提供したら良いのではないかと考えたんです。売上は自分で管理して、いわゆるプチオーナーのようなイメージですね。

そこでサロンマッチングサービス「Re・ンタルーム(現Re・Make)」を始めることにしたんです。予約のやり取りも、全て弊社がやっていて、東京・千葉・神奈川・埼玉の一都三県で展開しています。


――なぜ全国展開せずに、一都三県で行っているのですか?

 システムとしてネットだけで完結できるのであれば全国に展開できますが、弊社は借りたい人は必ず一度弊社に来ていただいて登録していただきます。さらに、専任スタッフが借りたいサロンにお連れして事前に確認してもらうんです。不動産屋の内見みたいなものですね。アナログ的なやり方をしているので、今は一都三県のみでサービスを展開しています。



テレアポで営業を掛け、少しずつ借り手と貸し手が集まっていった

――場所を借りたい人、貸したいサロンは、どのように集めているのですか?

 現在はアポインターがサロンに電話を掛けて、「Re・Make」について説明しています。話が進みそうなら私が営業に行き、さらに詳しくご説明します。借りたい方には、広告費や人件費など一切請求していません。逆に貸したいお店に対しては、アポインターの人件費などが掛かってきます。美容師など借りたい人が、多いときは月100名ほど、少ないときでも50名くらいが新規で登録されます。特に、就職や転職を考える3・4月は多いですね。

登録の際に簡単なアンケートは取っていますが、借りたい方がどんな経緯で「Re・Make」ことを知ったのかは、正直に言って分かりません。登録の際に皆さんから初期費用を頂きますが、SNSで拡販してもらうと割引という制度を設けているので、恐らく友達などの繋がりで広まっているのかと思うのですが、本当のところは分かっていません。

「Re・Make」で9年目を迎えますが、現在、借り手さんは2,500名、貸しサロンさんが1,000件ほどで、ほぼいっぱいの状態です。


技術や接客態度まで把握できる独自のスカウト制度

施術用ベッドがあるサロンもあるので、アイリストやエステティシャンなども借りられます


――美容室の面貸しとは、システムが違うのでしょうか?

 通常の面貸しだと売上はお店と折半で、これだと独立する人にとっては厳しいですよね。「Re・Make」は、売上は100%美容師さんが受け取ることができます。払ってもらうのは、使用した分の水道光熱費などだけです。計算すると9対1くらいで、売上が1万円なら9,000円が美容師さんの手元、場代として1,000円が入るようなイメージになります。ですから、スタイリストなどは少しずつ増えてきました。

ただ、施術用のベッドを使うエステティシャンやセラピスト、マッサージ師などの業界には、面貸しのような仕組みはありませんでした。ですから半信半疑な相手に対し、まずは見学してもらって借りるかどうか判断してくださいと、アナログな手法で始めたんです。


――貸し手側のメリットはどういう点になるのでしょうか?

 家賃は固定なので、場所が空いていてもお金を払っていますよね。しかし、例えば3部屋中2部屋が空いていて「Re・Make」で貸した場合、2部屋分の家賃が副収入として入ってくるわけです。お店は人を雇っているわけではないので人件費が掛からず、場所を貸しているだけで収入になります。

また、貸しサロンでは人材不足の問題が少なくありません。人材募集の広告を出しても、問合せは来るけど面接に来なかったり、採用してもすぐ辞めたり。その点、「Re・Make」では『スカウト制度』というサービスがあります。これは、借りている人を自分のサロンに引き抜いても構いません、という制度です。借りている人の技術や接客態度が見られ、どれくらいお客様を持っているのかも分かるので、優秀な人材を採用することができるんです。借り手には独立したいという人も多いので、今のところスカウトされたのは50名ほどになります。ちなみに、1人スカウトするごとに30万円を頂いていて、そのうち10万円を祝い金として美容師さんに支払っています。


――美容師以外に、ネイリストやマッサージ師などが借りる割合はどのくらいですか?

 最初は施術用ベッドを持っているお店に営業していたので、登録数で言うとセラピストとエステティシャン、マッサージ師が約6割です。ただし実際に使っている数では、スタイリストが約4割となっています。


借り手と貸し手、相互にメリットの生み出せる独自のサービス

――収入面やスカウト制度の他に、「Re・Make」ならではの強みや特徴はありますか?

 他社さんは手数料が35~40%ですが、うちは30%しか頂いていません。また、他社さんでは時間貸しがほとんどですが、うちは月貸しという点も特徴ですね。お店の営業時間と定休日は合わせてもらって、月単位で貸せるし借りられます。さらに敷金礼金や設備費は一切不要で、毎月固定の料金で場所を借りられるのは「Re・Make」だけだと思います。

また、借り手の業種が違えば紹介もし合えます。例えば、ネイルサロンにアイリストを紹介すれば、ネイルに来ていてアイメイクしたいお客様は、わざわざ他店に行く必要がなくなります。逆にアイリストがまつ毛を終えて「ネイルもできませんか?」と、借り手が貸し手に顧客を紹介することも可能です。お互い紹介し合えば、広告費の削減にも繋がります。

あとは、他社さんはすべてネットで完結しますが、うちはサロンとスタイリストが直接予約をしない点もあります。例えば、さまざまな理由から、一度借りた方に次回は貸したくない場合、直接やり取りしていると断りづらいですよね。しかし、私たちが間に入ることで潤滑油となり、双方が嫌な思いをすることなく対応することができます。


――最後に、「Re・Make」の今後のビジョンについて教えてください。

 まずは、借りたい方が登録できる場所が必要だと思っています。今考えているのは、登録して見学に行く工程を、不動産会社にお願いすること。不動産会社なら道にも詳しいですし、見学にお連れするノウハウもあります。さらに、登録の業務もできるのではないかと思っているんです。ですから登録業務を担ってくれる不動産会社と提携できればいいなと考えています。

あとは、化粧品などルート営業を行っている業者さんに見学へ連れて行ってもらうこともできるかなと思っています。機械も展示会のような場所でしか体験できないので、貸しサロンの登録を募らせて機械を置き、借りたい人に機械も一緒に貸すなんてことができるかもしれません。

ただし、仕組み的に変えるつもりはないんです。全てデジタル化することはなく、見学には必ず行きますし、フランチャイズには専任スタッフを作ってもらって、ロイヤリティを何%か頂くような形で、取り組んでいく予定はあります。


株式会社リスペクトフォース
美容家 代表取締役
境 恭介 さん

営業経験を活かし、コピー機などを取り扱う株式会社リスペクトフォースを設立。3カ月後には美容業界に特化し、美容機器の販売・リース代行を開始。さらに、サロンマッチングサービス「Re・Make」をスタートさせ、現在は東京・千葉・神奈川・埼玉の一都三県で展開している。

株式会社リスペクトフォース

住所:東京都新宿区新宿2-8-5 東弥鋼業ビル5F
TEL:03-6457-4757
http://www.respect-force.co.jp/ (コーポレートサイト)
https://share-salon.com/ (Re・Make公式)

撮影:中野 昭次

ビノタネについて詳しく知りたい方

お問い合わせはコチラ

自分のスケジュールに合わせて仕事ができる場所を提供 サロンマッチングサービス「Re・Make」

商品コード:
bi-hito_011
メーカー希望小売価格
オープン価格
販売価格
0 円 (税込 0 円)
送料無料
メーカー:
ヒト hito
関連カテゴリ:
ヒト > エステ
ヒト > サロン
ヒト > 美容室
月別記事一覧 > 2019年9月
キーワード > シェアサロン
キーワード > サロンマッチングサービス
ヒト > ネイル
注文受付数: 1個 ~ 1個まで
News 新着情報
2019年10月21日
洗練された大人女性が選ぶ“上質な美”を目指して ビアンカグループ
2019年10月07日
健康的なダイエットの実現に 生きた酵素 スリムエンザイムプラス
2019年10月07日
1回で効果を実感?! 独特の骨格矯正技術「ろっかん式オリジナルメソッド」 清水六観
2019年10月01日
「美道」の美容理念でトータルビューティーを目指す 山野愛子ジェーン
2019年09月27日
自分のスケジュールに合わせて仕事ができる場所を提供 サロンマッチングサービス「Re・Make」
2019年09月18日
美しさではなく好感度を上げるためのメンズメイク 株式会社MBP.NEXT
2019年09月12日
フリーランスの美容師が働きやすい環境を 個室型シェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」
2019年09月09日
シミがなくなると人生は変わる!シミケア専門店「クリニカルエステ花蔵」
2019年09月04日
いつもキレイでいたいと願う、お客様のために。ちょっと新しい、ヘアカラー専門店「fufu」
2019年08月20日
オーダーメイドの独自トリートメントで美と健康の究極へ。あなただけの幸せな時間を約束するプライベートトリートメントサロン「百木ゆう子 Aoyama」。
2019年07月30日
脱毛しながらキレイになれる♡ 全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」。
2019年07月30日
男性の妊活文化を。性の悩みのない社会へ。すべての男性たちへ新しい希望を届けるTENGAヘルスケア。
2019年07月20日
日本初の頭もみほぐし専門店「悟空のきもち」で施術を手掛けるヘッドマイスターの 渡部蓉子 さん。
2019年07月20日
古い角質ポロポロ?! つるすべ肌へ。自宅で手軽にできるピーリングメソッド「EMiU エミウ」。
2019年07月08日
人生のパイセンTVにも出演!話題のヘアスタイリスト モテ髪師 義永大悟さん。
2019年06月25日
凄腕ゴッドハンド 浅川由美 さんの完全予約制のサロン「Chaleur+ シャルール」。都会のプライベート空間で最高の癒しを。
2019年06月25日
美容トラブルの救世主! ピュアビタミンCを高濃度配合。肌悩みを全方位ケアする美容液「プラスピュアVC28」。
2019年06月25日
プロの美容情報メディアサイト BiNOTANE(ビノタネ)OPEN!
美容のプロの方が読みたくなる美容商品や技術、研究開発、施術などの最新の美容情報を発信するメディアです。 エステサロン様のご紹介はもちろん、各メーカー様の開発秘話など、他メディアでは中々得難い情報を発信していきます。